<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クラプトン&ウインウッド~11/28金沢公演行ってきました。~感動・感激!

e0063208_2193220.jpg

ついにここまできました。
e0063208_2110325.jpg

クラプトングッズのギターピックセットかな?まだ封を開けていないので!
e0063208_2111534.jpg

キーホルダー「色合いも良いし、遊び心あるロゴ良いデザインですね」

グッズが大勢いで待つのが、疲れてしまい自分のぶんだけしか買えなかった。

興奮冷めやらずで疲れが出てきました。

コンサート前日、上気して一睡もできず当日の眠い事ったらありゃしない。
案の定準備万端ではなく箱書きはしてないわ、栞も作ってなく・・・・・クラプトンに英文で簡単な説明書きをすればよかったのに、残念です。

しかし、なんとか「松山武司さん、飯田有二郎の作品」がKCSのディレクターさんに無事、渡した時は「肩の荷が折り」ホッとしました。お忙しいさなかに笑顔で出迎えられて「良い方ですね~」

~この感謝は一生忘れません~握手をして~僕のポケットからべっ甲ピック「ディレクターさんにもプレゼントしました。~喜んでくれて良かったです、本当にありがとうございました。

KCSさんから、ウドーミュージックさんにバトンを~それから~マネージメントに渡り~それから~?。
世界のクラプトン本人にはまだ一つの壁を越えなければならないそうです。~OHHHHHH”やはり世界の壁は高いですね。

でも待つことも大事ですね。~友人、知人からおめでとうだとか、ヤッターとか飛び上がりましたが?
皆様~しかし、まだでした。あああああああああああああ~まちどうしい!

麻雀でいえばリーチがかかっていますね。めんたんぴん、さんしき、いっぺーこーなんてね。

☆☆☆今回はジェフ・ベックにピックを渡す記事を書いてくれた女性記者さんが折りしも退社していたり「これが痛かったです」今回は「クラプトンに演奏だけに集中という事で外気を遮断~スタッフの配慮もあり」~間接的にも渡す事にスタッフの方々から駄目出しがあったそうです、ええええええ?

☆☆☆暗雲が立ち込め僕も最後までどうなるか?~しかしながらスタッフの方々のご配慮で二転三転し、本当の奇跡を信じたいものです。

皆から応援メールきました、今しばらく待っていよう。

しかし、こんなに大変な事とは、疲れました”そうですね、それが世界のクラプトンですね。
1昨年のジェフベックの時はトントン拍子にいったのに!現実はこんなもんでしょうね。

最後に、この日本が元気になるようクラプトン&ウインウッドからパワーもらい頑張りたいものですね。
ツアーが大成功となりますよう祈っております。
[PR]
by windfusion | 2011-11-30 21:23 | 店主の日記 | Comments(0)

エリック・クラプトンにプレゼントを渡す企画~どんでん返しもあり渡されたそうです!

エリック・クラプトン&スティーブ・ウインウッドのコンサート最高のステージでした。
e0063208_20412151.jpg

e0063208_20413676.jpg

北国新聞から抜粋しました。

コンサートの1曲目ブラインドフェイス時代のハードトウ・クライ・トゥディ良かったですね。
クラプトンの甘く乾いたストラトの音、最高に良かったです。

プレゼンス・オブ・ザロード~ウインウッドのソウルフルな声に魅了しました。

ブルースナンバーで「マディウオーターズ」のフーチ・クーチ・マン泥臭く渋かったです。

確かデレク&ザ・ドミノス時代にもやっていたキートゥ・ザ・ハイウエイも良かったです。

イントロでウインウッドのオルガンがしんみり流れジョージア・オン・マイ・マインドが始まりました。
ウインウッドのボーカルも曲にマッチしてちょっとウルッときました。そして、クラプトンのギターが胸に突き刺さりました。素晴らしく感動しました。~僕としてはこういうジャジーな曲をもっと聞きたかったです。


アコーステック・ギターに持ち替え生音が凄く良かったですね。ワンダフル・ナイトが流れ又、ぐぐっときてしまった。

ジミヘンの曲で Voodoo Chile 映像が映りました。目の玉の黒目の動きが左右激しく動き不気味でした。

アンコールにはコカインを演奏していました。~全員総立ちで感動・感激しました

ブルースの曲は思ったよりも少なかったのではないでしょうか?ウインウッドがいたので仕方ありません。
でも、ウインウッドの哀愁ある歌声・オルガンは素晴らしかったです。

リズムの要スティ-ブ・ガッドのドラムは安定してタイト、ベースのウイリー・ウイークスはシンプルでぐいぐい
リズムをひっぱっていました。~リズム隊は安心して聞けました。

キーボードはシンセサウンド等など良かったです。

クラプトンは思っていた以上にパワーがあってオーディエンスには最高の歌・ギターを聞かせてくれました。
以前、京都で見た以上に聞き入ってしまいました。最高なライブでした。
e0063208_092742.jpg

☆さて、本題の松山武司さんの描いた「アクリルの器物にギターをデザイン」
空間を上手く利用し、シャープなデザインには驚かされます。

☆☆☆実は松山さんの個展を見に行きこのギターのデザインに惹かれ決心しました。新作を3枚描く事を!~触発して僕も頑張ろうと思い、筆を走らせました。


e0063208_09517.jpg

僕のアートピック「べっ甲ピックにギターをデザイン」~急遽、松山さんとのコラボとしてクラプトンに渡す企画のことです。~松山夫妻の厚い思いを感じ何とかしたいと思いました。以前の作品を写真で見せてもらい素晴らしいデザイン等で驚きました。「あの時は、ありがとうございました」

何とか直接渡せないか思案し実行するしかないと思い、色々と自分なりに考えてみました。
熱意しかないかな。

そして、ディレクターさんに連絡したところ・・・・・・・・コンサート当日になって直接は元より間接もプレゼントは駄目になったのです。
クラプトンに演奏だけに集中できるようにするとの事・・・・・・・・・・ショック・・・・・・・
真っ逆さま・・・・・・・・・・・・・あれー・・・・・・・・・・・

ところが話は突然急展開し、以前、ジェフベックにもピック渡した経緯とか、あの”ウドーミュージックの高橋さんからも直々に僕にピックの事で連絡もらった事もありました。驚愕

ようするになにかって?クラプトンに渡せる可能性が出てきました。ヤッター

☆間接でも確実にクラプトンに渡る可能性を聞きました。コンサート当日にディレクターさんにピックとアクセサリーを渡し御願いしてきました。

今回は最後まで諦めたくない事が通じたのかな、本当に素晴らしい音楽、良い方々に巡り合って感謝を忘れません。ありがとうございました。

☆☆☆追伸、先ほどメールが来ましてクラプトンのマネージャーに渡されたようです。
まだクラプトン本人には渡ってないとの事でした。・・・・・・・・んんんんんまぁー世界のクラプトンだからそう簡単には行きませんね。~今が辛抱です。

e0063208_0232327.jpg

クラプトンの50代であろう似顔絵に挑戦してみました。

e0063208_0175892.jpg

金沢ってことで、ことじ灯篭にギター描いてみました。

☆これらが世界のクラプトンに渡る可能性がありそうです。


[PR]
by windfusion | 2011-11-29 21:39 | 店主の日記 | Comments(0)

クラフトマンからクラプトンへ届け!

ここで御紹介する蒔絵師~松山武司さんのシャープなデザイン、洒落たセンスが煮詰まっております。
e0063208_22301022.jpg

アクリルの器物にエレキギターのストラトキャスタータイプの蒔絵が描かれています。
本人は初めてエレキギターを描き苦労したらしい。
以前のデザインでエジプトシリーズには驚きました。スフインクス、ツタンカーメン等など素晴らしかったです。
e0063208_2238382.jpg

ズームアップするとピックアップには上等な夜光貝が貼ってあります。
繊細で細部にまで気を配っておられる所は流石ですね。

僕は松山さんの蒔絵の個展を拝見しこのギターのデザインのアクセサリー「個展の時にお客さんに気に入られ売れたそうです」~空間を生かしたシャープなデザインが素晴らしく「触発されました」

調度、エリック・クラプトンも来日するにあたり、僕もジェフ・ベックに続きクラプトンにアート・ピックを描きプレゼントを考えていた所「OHHHHHH”ええ感じなデザインやなーって思いました」

お互いにクラフトマンからクラプトンへプレゼント企画~という事でコラボレーションですね。
「何とかクラプトンへ渡せないものか話し合い賛同する事になりました」

わたくし伊井田悠二郎と申します。ブログのタイトルはOceanBreeze「windfusionとも言います。」のデザインはこれです。
e0063208_22584221.jpg

べっ甲ピックにギブソン335をモチーフとしてデザインしました。

ちょっと、渋く決めてみたかったのですが、寒さで漆が乾いてなく磨くと「赤口と朱口の漆を調合」剥がれてきました。ピックアップには夜光貝を貼りました。

やはり、慌て技では失敗しますよね。

このべっ甲ピックは本場長崎のべっ甲で型番はななななななんと~クラプトンモデルなのです。
ここの店主の方はジェフ・ベックの大ファンで共通なのです。~そしてクラプトンモデルが本人に渡るとビックリするでしょうね。

以前ジェフベックに僕の描いたアートピックがスタッフを通じて渡された時に「店主とべっ甲の職人さんが祝杯を上げたそうです。」~ええはなしやなぁ~ちょっと感動しました。

☆べっ甲ピックのk・k factoryは本べっ甲ピック専門店です。
鼈甲の本場長崎でべっ甲ピックを製造・直売しています。

急遽コラボですが夢を実現出来たら凄い事でしょう。


e0063208_0572276.jpg

紅葉の漆が乾いてなく剥げ、上絵でごまかしました。「さっき金粉を蒔きました」
~金粉は高騰するばかりで買えません。

ことじ灯篭に紅葉/ギター「金沢に来日なので思いつきで描きました。やぼったいですね~笑い」
まだ、途中段階ですが乾かせてから明日、漆をかけて磨きます、あさって仕上がりです。

皆様、乞うご期待を!
[PR]
by windfusion | 2011-11-25 23:24 | 店主の日記 | Comments(4)

壮絶なクリームのライブに酔いしれました。

クリームのライブDVDを久々に見て感動しました。
e0063208_1862139.jpg

若き日のクラプトンかっこいいですね。

e0063208_1864226.jpg

超満員のクリームライブ、1曲目が終わった後、聴衆がなだれ込んでいましたね。
クラプトンもさっとかわしていました。

e0063208_1865823.jpg

ジャック・ブルースの歪んだベース、シャウトするボーカルは今、聞いても素晴らしい。

e0063208_1871372.jpg

ジンジャー・ベーカーのズンドコ”ズンドコ” ドラムも本当にかっこいいです。
e0063208_1872614.jpg

世界最強のロックトリオ、クリーム~インプロビゼイションにクギズケです。
e0063208_031383.jpg

フェンダーピックに漆でクラプトンの似顔絵を描き金粉を蒔いたところです。
1~2日乾かしてから漆を塗り込みます。
[PR]
by windfusion | 2011-11-20 18:18 | 店主の日記 | Comments(0)

エリック・クラプトン


アルバム名「461オーシャン・ブルーバード」からプリーズ・ミー・ウィズミーです。
クラプトンのアコーステックナンバーで聞きやすく和める感じが良いです。


曲目はレット・イット・グローです。シンプルで心に響きます。
[PR]
by windfusion | 2011-11-20 02:33 | 店主の日記 | Comments(0)

ギブソン335

e0063208_1433015.jpg

このギターのデザインはギブソン335をモチーフにして蒔絵を描いてみました。

ピックアップには貝を貼ってみました。

絵の部分を研ぎ付け磨きました。が、少し漆が乾いてなく朱色が剥がれそうです。

寒い時期は特に漆の乾きが重いので充分乾かした方が良かったですね。

例のごとく、中々思いどうりにはいきません。

上絵でごまかしていこう。

[PR]
by windfusion | 2011-11-19 01:55 | 店主の日記 | Comments(0)

五日市物語

e0063208_2284147.jpg

e0063208_229218.jpg

e0063208_2292423.jpg


e0063208_23004.jpg

e0063208_2302445.jpg



e0063208_2304499.jpg


e0063208_2312247.jpg


e0063208_2315931.jpg

このたびは上映おめでとうございます。

映画音楽担当は友人の弟さんの原 夕輝さんのテロップ~「あ!出ていました」
快進撃で絶好調ですね。

ユーチューブでも聞きました。「本当に胸にじわ~っときますね」~心が洗われるメローディーラインには感嘆します。
以前にも紹介しましたが原さん、がんばっていますね。~先週、兄の健児さんから電話もらいました。映画見てきて良かったらしく「弟も進化している」~誉めていましたね。

都内で上映されたそうです。ヒューマンドキュメンタリータッチで内容も、音楽とマッチして素晴らしく、良い映画だそうです。

東京でもこんな素晴らしい「ふるさと」がある事をもう一度見つめ直して見たいと言っていました。
[PR]
by windfusion | 2011-11-17 02:26 | 店主の日記 | Comments(0)

エリック・クラプトン

e0063208_1535189.jpg

フェンダーピックの裏側にエリック・クラプトンの似顔絵を描いてみました。「漆で蒔絵を描いている最中です、目に貝も貼りました。」

デザインが上手とは言えませんが少し雰囲気が出てきた感じかな?笑

僕は,クラプトンを何十年前”京都で初めて見ました。クラプトンの歌声に感動、ギターのチョーキング・ビブラートで魂が揺さぶられ脳裡にこびりついて離れません。

今回で2回目ですが、まさか地元石川県金沢市にくるなんて本当に驚きました。

コンサートは、もう2週間後ですね、OHHHH”ちょっと緊張してきました。

☆☆☆もしかしたらクラプトンに直接に会えるなんて事になったら?・・・・・・・・・それは凄い事でしょうね!

e0063208_16393281.jpg

この写真はギターマガジンの1999年4月号から抜粋させていただきました。
ギターはギブソンES-335TDです。ジャズ、ブルースからロックまで幅広く使われています。
中音域が素晴らしいです。渋く甘い音には持って来いのギターです。~僕の憧れの名機でした。

e0063208_16421698.jpg

クリームのライブの写真ですね。

燦然と輝いていた最強のロックトリオ クリームのインプロビゼィションはジャズミュージシャンからも注目を得ていたらしい。



これは又、渋いナンバーですね。ジョージア・オン・マイ・マインド
[PR]
by windfusion | 2011-11-13 15:46 | 店主の日記 | Comments(0)

クラプトンからパワーもらいたい!

e0063208_875478.jpg

以前の機種からiphone4sに機種替えしましたが、早速「床に落としてしまった、ゴトンっと凄い音がして、
あああああああああああああああああああああああああ”やべぇー」~しかし、打ち所が良かった為 キズ、割れ等がなく「ほっと」しました。

ただしケースは3Gのなのでぶかついていますがしばらく使って見ます。ブルーが気に入ってるので。

アナログ人間がよくぞここまで使ってるって?~いえいえ”使い勝手がありすぎてまだまだです。

この機種は、いろいろ巷では、あれやこれやそれやで噂されていました。中々、優れもんですね。

僕自身も「きしゅがえ」したい気分です。~どうも身体の調子崩しさっぱりですが直ろうとしている自分もいるので治癒力に賛同しているところです。ふう~

世界3大ギターリストのクラプトン、ベック、ペイジも集結して貴重な画像ですね。
[PR]
by windfusion | 2011-11-12 01:46 | 店主の日記 | Comments(0)

エリック・クラプトン

急遽、昨年のギターマガジン2010年、11月号の中から掲載させて頂きました。
素晴らしい、写真がお気に入りです。
e0063208_23255221.jpg

ギターの神様~物思うクラプトン~哀愁を感じるクラプトン「枯葉」聞いてみたいです。
e0063208_23264696.jpg

オールマン・ブラザーズバンド結成40周年にクラプトンがゲスト出演

今は亡きデュアン・オールマンも喜んでいるのでは!「僕はデュアンの大ファンだったので感慨深いです。」
グレッグ・オールマンのオルガン、ボーカルも最高に素晴らしかったです。

夏の猛暑の中、泳ぎに13日間行って来て鍛えたにもかかわらず、気候の変動で体調が崩れ「喘息~咳が1ヶ月続き」~状態が良い時と悪い時の差が酷いのです。身体が資本ですね。

山中温泉最高のアーティストと挑戦できるので辛さも吹っ飛びました。
「何がって?すごーーーーーーーい事が起きれば良いなぁ~乞うご期待!

クラプトンも参加しています。


枯葉渋いですね。

大好きな曲です、あの後世に残る「名盤フィルモア・イースト・ライブ」が最高にかっこよかったので。。。。。。オリジナルメンバーには勝てないか?失礼、中々良い雰囲気が出ていますね。。。。このメンバーの演奏も素晴らし~~~い。

ヤバイ、もう寝ます。点滴打って来たので何とか。。明日は連ちゃんで会社休めない寝ます。
[PR]
by windfusion | 2011-11-04 23:43 | 店主の日記 | Comments(0)