<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ハンマーヘッド


スタジオ盤はしっとりとした感じですがやはりライブはべック節でギュウイーーーーーン、ガギーーーン、
本当にやっぱしかっこええです。このハンマーヘッドと言う曲はロックフュージョンっぽく聞き安いです。
身震いするライブも来週です。~ワクワク

65歳にして現役、JEFFBECKオリコンチャートトップ10入り!~前人未踏とか。芸能ニュースで明らかに!

素晴らしい~我が道を行く創始者ですね。ワン アンド オンリーがぴったし!

タイトルの「エモーション アンド コモーション」~叙情的と言うか少ない音数でギターが歌っている。

ラストの曲、大昔ジュリーロンドンが歌いヒットした曲をインストでべックが渋く決めていて涙がちょちょぎれる程ギターが綺麗で、バックのキーボードがまたいいんです。ラスト12番目の曲でクライ・ミー・ア・リヴァーです。

今回はギターをいかに弾かなくて表現するか?シンプルって一番ごまかしがきかないのではないか?
これも進化あってのべックですね。
[PR]
by windfusion | 2010-03-30 22:10 | 店主の日記 | Comments(0)

クラプトン&べック


素晴らしいギターバトルが聞けますね。

若い頃の貴重なセッションですね。

クラプトンの納豆が糸を引くようなネチッ濃いフレーズを決めると

べックの切れ味鋭いフレーズが切り裂くカッコイイですね。
[PR]
by windfusion | 2010-03-29 20:29 | 店主の日記 | Comments(0)

新作のピックを今から!何がなんでも仕上げるぞ!

時間があまりにも押し迫ってからそれも漆を練って渋こし紙でこしてからかからなければなりません。
下準備が遅れに遅れていつもながら呆れるばかりです。
e0063208_2218067.jpg

絵漆を練って漉したところです。

e0063208_1543725.jpg

車の修理に使う工具のデザインです。時間ないので慌て技です、下手くそですが気合だけは!

e0063208_157497.jpg

漆で描きウズラの殻を張りました。「殻を割って一粒ずつ張っていく途中に眠気がしてガーンと頭を机の角にぶつけ目が覚め、又、こっくりしながら何とかここまでしました。」~アー疲れた、金粉も少し蒔きました。~工程がまだまだあるので失敗すると終わりです。まずは、乾かしてから1両日後に漆を塗らなければなりません、だから、値段は高くなるのです。

こんなしんきくさい仕事ですが出来上がり又喜ばれると何とも言い尽くしがたい気持ちになります。

ギリギリに仕上がりそうな気配が?もう寝ないと朝、遅刻です。寝ます!
[PR]
by windfusion | 2010-03-28 22:42 | 店主の日記 | Comments(2)

クラプトン&べック

クラプトン&べックの映画~ついに全国でロードショー
e0063208_941139.jpg

クリーム在籍時のクラプトンの名曲、ライブの「クロスロード」を初めて聞いた時は度肝を抜かれました。
デストーションサウンドでアドリブを掻き鳴らし世界のギター少年を虜にしましたね。
デュアンオールマンとのセッションで名演だったです。
しかし、麻薬に溺れ仲間達からも応援され奇跡の復活をし数々の名盤を残しました。

べックの「BLOW BY BLOW]を聞きうわーすっげーと思いました
全編インストでROCK、SOUL,JAZZのエッセンスも入ってバックのリズムも良いし、
べックのギターは渋く素晴らしかった。そして「ワイヤード」でガギーンときましたね、かっちょよかったぁなぁ~
切れ味鋭いナイフのようなギターテクニックには脱帽でした。
[PR]
by windfusion | 2010-03-28 10:05 | 店主の日記 | Comments(0)

べックの意外性には驚きです!

2010年「春」号~大人のロック!

この雑誌の中でのJEFFBECKのカッコイイ写真がこれです。
e0063208_0463068.jpg

新作の事がネット上でも「え?驚きです?」紹介されていました。叙情的や精神性や知性の高さが感じさせられるナンバーが多くクラッシック、ジャズ的な要素があってもロックティストはわずかなのには驚きと記載されていました。{攻撃的なギターは影を潜め?」

それぞれのボーカルが入り乱れ「これも今までにはなかったとか」

エモーショナルなアドリブがもっと聞きたいと思ったのが正直ありました。が?
しかし、内に秘めた綺麗さが如実に現れていますね。

☆☆☆バックに流れるストリングス、キーボードが又、いいんだな!感動

意外性が新たなるファンも増えているそうです。

例えば感動した映画のラストシーンにかかると「ぐぐっとくる」ナンバーが数曲あります。爆

☆メロディーラインを歌い上げるギター「シンプルでも胸に響きます。」には敬服します。
ギターリストとして聞くと相当物足りないかもしれませんが、トータル的には凄いんじゃないかなと思います。

OHHHHHHHH~べックを聞いて叙情的とは思いもよらなんだ。驚愕!

じわっと良さが沁みてくる名作ですね!
[PR]
by windfusion | 2010-03-27 01:21 | 店主の日記 | Comments(0)

JEFFBECKの新作がついに!~良い意味でべックは裏切ってくれたかな!

7年ぶりの新作が昨日届きました。

「エモーション・アンド・コモーション」
e0063208_21372829.jpg


12曲入りです。
e0063208_22412590.jpg



まださらっとしか聞いてません。えええええええええ?これが?ちょっと裏切られたと言われるファンもいるかもしれません。

{天と地が裂ける、ガギーン、ピヨピヨピヨピヨ、ギュウイーーン、スリリング、宇宙で浮遊する感じ}~以前のギターの音はこんな感じで表現していましたが?あれぇー?

今回のクラッシクとの融合?しかし、しかし、聞けば聞くほどアルバムの良さが出てきます。

早弾きがどうとか、アーミングがどうとかの次元ではないですね。楽曲の表現の仕方が情感溢れギターで歌い上げる「これこそ素晴らしい。」

2曲目のHAMMER HEADがロック フュージョンっぽくて軽快で良いですね。

9曲目THERE’S NO OTHER ME ジョス・ストーンがシャウトしていますね、べックがアドリブを弾きまくるはずだったらしいですが、抑揚は抑えたらしい。もっと弾いてほしかったですがボーカルも中々乗っていて
GOOです。

12曲目のCRY ME A RIVER 50年代の「ジュリー・ロンドンの大ヒット曲」をインストで演奏しております。~聞いた事あるメロディです。

☆良い感じです、このロマンチックでリリカルな感じが大好きなのです。
バックのキーボードが素晴らしい。まるで映画音楽のようです。~ジーンときますね。

e0063208_21385130.jpg

なんと!OHHHHHHHHHHHHHHH”サイン入りのピックが入っていました。爆

☆JEFFBECK世界ツアーで大盛況の勢いです。

日本ではクラプトン&べックのライブが映画になり驚きです。

コンサートがもう少しだと思うと緊張してきました。
[PR]
by windfusion | 2010-03-25 21:39 | 店主の日記 | Comments(0)

癒せる音楽

映画のタイトルは「幸福のスイッチ」です。

主演は上野樹里、父役は沢田研二 本上まなみ
e0063208_1228927.jpg


映画音楽担当しているのは「原 夕輝さん」です。
e0063208_12284184.jpg

このメロディーはジーンとくる感じで癒しを覚えました。今度はDVDで見たいです。
素晴らしい評価をもらっていましたね。~頑張ってください。

なななんと”僕の20数年来の音楽友達でお師匠さんでもあるギタリストの「原 健児さん」の弟さんが映画音楽を担当しているではあーりませんか!
[PR]
by windfusion | 2010-03-21 12:34 | 店主の日記 | Comments(0)

JEFF BECK

昨年の奇跡の金沢公演”JEFFBECKコンサートから早1年「アートピックを忍ばせスタッフの方から間接的にベックに渡してもらいました。

~各新聞社の記者さん、音楽スタッフ関係者の皆様からも応援して頂き感激致しました。」~ハラハラドキドキで手に汗握るだいこうぼうでした。~当日、呑気にそれもピックに穴を空けて失敗し、バフで磨けば滑ってピックが飛んで欠けてしまい研いで磨いてギリギリに出来上がりそれから、金沢までの道中では居眠りで田んぼにはまりかけたり、駐車場は満員でよくも間にあったなぁ?~13日の奇跡の日でしたね。爆

何を言われようがマイペース~この性分は直りませんね。

昨年から本当に色んな事が続き精神的にも参りました。今年もちょっと大変な事が起こりコンサートどころではなかったのですが落ち着いてきました。ふぅ~

今年のJEFFBECKのコンサートチケット席順は良いかも!
e0063208_1331684.jpg

仕事を休んで行くので大手を振っては行けないですね。

ピックの新作は案の定、全く出来てないので間に合うかどうか?しかし、もう2週間余り、え?がんばらなくては!
[PR]
by windfusion | 2010-03-21 02:15 | 店主の日記 | Comments(2)

飛翔!

JEFFBECKのアルバムにボーナストラックが2曲追加の国内盤、
☆その初回プレス盤はなななななんとサイン入りフェンダーUSA製ピックが、
もれなく封入。~欲しいでーす。
e0063208_1944158.jpg

それから、各コンサート地区限定1名となる<ジェフ・ベック日本公演バック・ステージご招待&あなたのギターにジェフ・ベックが直接サインをプレゼント!え?~そんな企画があるらしい?

☆☆☆それから世界発JEFFBECKのギターフィギュアが出るそうです。爆

ネットでも大変賑わしておりますJEFFBECKの世界ツアー、7年ぶりの新作も非常に高い評価がありとどまる事を知らず!

ロンドン ニューヨーク 韓国 カナダ オーストラリア ☆日本ツアー 西海岸 東海岸 ヨーロッパツアー等など凄いですね。

ベックのギターに魂を奪われる新しいファンも増えているらしい。~不景気をぶっとばせ!

どこまで飛翔し続けるのか?~かっこよすぎますね。
[PR]
by windfusion | 2010-03-16 00:54 | 店主の日記 | Comments(0)

Somewhere Over The Rainbow ~虹の彼方に


僚友クラプトンもやっていた「虹の彼方に」~ギターで歌い上げる感性に心が和み洗われる。

しかし、ピックを使わずよくもここまで弾けますね。ミスタッチが又いいんだなぁ。瞬時に切り替えるトーンコントロール、繊細なビブラート、胸を打つアーミング、まるで身体の一部やねぇ~これはまさしくも練習のたまものとしかいいようがない。凄爆
[PR]
by windfusion | 2010-03-15 23:32 | 店主の日記 | Comments(0)