<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春が待ちどうしい!


JEFFBECK~2010ロンドンアリーナでのライブ演奏。

ベジタリアンで鍛えている強靭な肉体「もう66歳かな?え?信じられない。」~マジソンスクエアガーデンのコンサートは?終わったのかな?しかし、凄すぎる!

ロック ソウル JAZZ FUSION ジャンルを超えたJEFF BECK
~今回のアルバムはカバー曲が満載。~真骨頂で素晴らしい。

僕の好きなJAZZ FUSIONミュージックからはちょっとかけ離れたかな?
でも、ベックらしい所がいいです。~いつまでも挑戦する姿勢が良いですね。

あの名作「ブロウ・バイ・ブロウ」~{ロックとJAZZの架け橋と云われれた。}から35年経ちました。
未だに聞くと生々しいレスポールの音、バックバンドも素晴らしいし身震いします。

☆昨年のエリッククラプトンスペシャル大人のロック編「雑誌」~ウドーミュージックの高橋辰雄氏によると
クラプトンは親方のような風格がでてきていますが、ベックは頑固で職人気質が抜けてない。まさしくも「ギター馬鹿」でスター性がないし、格好もタンクトップ、ブラック・ジーンズで、車いじりが大好きだそうです。
[PR]
by windfusion | 2010-02-28 14:33 | 店主の日記 | Comments(2)

アートピック!

クラプトン&ベック共演、ロンドンアリーナで大成功を納めたらしい。
ユーチューブでもご満悦でしたね。「良かったです」

ベックの新作で新境地を?相当なリスクを背負い、いちかばちかのかけだったそうな?
クラシックの名曲をアレンジ「素晴らしい出来だと思いました」

昔の名盤でJAZZ、ROCK、SOULなどを融合させて素晴らしいアルバムを創り世界をビックリさせましたね。ジミーペイジ曰く「ギターリストの教則本」と言わしめました。

今度はクラッシクと融合ですか?いくつになっても進化するアーティストはいまだに健在で驚きました。ベックのそういう所の魅力が音になって感動させるのですね。~見習わなければ!

ところで、アートピックも触発し相当がんばらなければ忘れ去られてしまいますね。
昨年の苦労も水の泡となったら寂しすぎますね。

案の定ビンボウ職人の為、あと少し残っている材料も底をつきそうです「金粉、貝等も高騰で買えません。」

おまけに「蒔絵の筆の毛も抜け落ちて思うような絵が描けるか?~かすれたところがいいかも?

崖っぷちアーティストは何処へ。爆

マイナス要因をプラスに変えるのが僕の新骨頂なのです。


e0063208_20393099.jpg

昨年の作ですが、べっ甲ピックに蒔絵を描きました。~「ギターリスト」
ピアスにもできます。デザインで、ブルーのギターを弾いているのは僕です。
[PR]
by windfusion | 2010-02-19 20:42 | Art | Comments(0)

ベック&クラプトン!


御大~ベック&クラプトンのムーンリバーですか?
こういう曲までするのか?驚き?しかし、素晴らしい!

ベックの7年ぶりの新作には64人編成のオーケストラが入っているらしい。「全10曲中9曲も?」
しかし、大変なリスクを?今までのファンが減るかも?

新しいファンも増えそうですが!

新作「エモーション・アンド・コモーション」タイトルが語るようにエモーショナルな演奏を早く聞きたいです。
[PR]
by windfusion | 2010-02-18 01:51 | 店主の日記 | Comments(0)

jeffbeck素晴らしい、未だに進化し続けるギター侍”感動しますね。~ギターが歌っています!


ベックのギターは全世界を感動の渦に巻き込む~しかし、ユーチューブのこれだけでも素晴らしいのに実際にコンサート見たら「血沸き肉は踊り~魂も舞い上がってしまうかも!

昨年のjeffbeck金沢公演でのコンサートで涙ちょちょぎれました。そして「僕の蒔絵ピックが世界3大ギタリストのベックにスタッフを通じて渡り、町中は大騒ぎさ!」お恥かしい。~新聞記事では、お騒がせしました。~あれから早1年過ぎましたが今度は名古屋でピックを直接渡すつもりです。「駄目元でがんばります」~ベックは3回目になるかな!}~ワクワクドキドキ緊張”

詳しい詳細はわかりませんが、この映像は、最近のロンドン公演のコンサートらしいそうです。
いやーこの繊細なビブラート、フレーズが魂を揺るがすのですね。
何か聞いた事あるメロディーですね?これはクラシックの曲でしょうか?

昨年のクラプトンとベック奇跡の埼玉アリーナでの共演から今度はロンドンアリーナで共演だそうです。
最近の映像でしょうか!~すばらしい。

8割方クラプトンファンで埋め尽くされたらしいのですがこのベックの演奏を聞いてオーディエンスは感動の渦で総立ちだったそうです。
[PR]
by windfusion | 2010-02-17 19:25 | 店主の日記 | Comments(0)

JEFF BECKの新作ジャケットを見たらビックリ!

JEFF BECKの新作のジャケットらしい。
鷲がギターを抱えています。鳥好きな僕は仰天です。
ダサイと言われる方もおありでしょうが、僕は好きです。

僕がピックに描いた海鳥、このジャケットの鷲 左右対称なのには驚きました。

これって白頭大鷲「はくとうおおわし」かな?~友達が言っていました。
ふぅーん?そう言えば頭が白いですね?爆笑~間違ったらごめんなさい。

64人編成のオーケストラと共演?インスト4曲、おまけにプッチィー二の曲も入っているとかで、早く聞いて見たいです。「今は亡きジェフバックリィの曲も」
e0063208_1724511.jpg


昨年の年末に売れたべっ甲ピックです。乾漆粉をつぶしたり、貝を細かく割り漆で張りました。
ラインは色漆を青、紫、緑など塗りわけました。難儀しましたが、
頑張った甲斐ありました。~「Hさん、ありがとうございました。」☆お題は「飛翔」です。

☆☆☆このピックは、シンガーソングライターにプレゼントするらしいです。恐縮致します。
確か、アルバムでは「ギターの今 剛」も参加していました。音を聞いたらわかりました。

誰かって?もちろん、有名なお方です。~素晴らしい歌声で感動しますね。
空、海とか広大なスケールで魅了される方です。

しかし、BECKのジャケと僕のデザイン、何か通じるものがありますね。
「ただの鳥繋がりで、恐れ多いですが言ってしまった。」大爆
e0063208_1734219.jpg


http://k-kfactory.net/~長崎べっ甲の手創りピックのサイトです。
べっ甲ピックのk・k factoryさんで作ってもらったピックです。
指にフイットするし、音に暖かさが出て良いです。

☆クラプトンモデル、リッチーブラックモアモデル、リーリトナーモデルなど色々選べて楽しいです。
使ってよし、ストラップ、ネックレスにもつかえます。
是非覗いてください。素晴らしいピックです。皆様、御見知りお気を!
[PR]
by windfusion | 2010-02-11 17:47 | Art | Comments(0)

ギターリストであり発明家でもあったレス・ポール氏~永眠して下さい。


第52回グラミー賞受賞式でのパフォーマンスです。JEFF BECKが今度来日するメンバーを従えて「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」を演奏しました。さっすが~BECK楽しんでレス・ポールを弾いていますね。GOOD!

今度の来日メンバーは「女性ベーシスト=ロンダ・スミス、キーボード=ジェイソン・リべロ{ロニースコッツクラブでの名演には感動しました}そして、ドラムは名作「ワイーアード」で叩いていたあのナーラダ・マイケルウォールデン~以前、高中正義も共演していました。」決定だそうです。

スタジオ盤の新作にはタルちゃん、ビニーカリウタが入っているそうです。スタジオ盤とライブメンバーが違いますね?ちょっと驚きです。

BECKはアイルランドの女性シンガーのイメルダ・メイとともに、ロック界の重鎮、レス・ポール氏のトリビュートとして「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」のパフォーマンスを行いました。

レス・ポール氏~昨年94歳で亡くなりました。「JAZZ,カントリーギタリストであり、グラミー賞受賞、発明家~レコードのカッテイングマシーン自作~多重録音の可能性、アナログディレイマシーンの原型を作ったり、ギブソン・レスポールを生み出した親だとか!工学博士?驚愕でーす。
[PR]
by windfusion | 2010-02-11 11:51 | Comments(0)

JEFF BECKの名盤「BLOW BY BLOW」からシーズ ア ウーマン


ビートルズの、シーズ ア ウーマンをアレンジ、これが又BECK節で
まるで自分の曲のように楽しんで弾くこれがいいですね。「これはトーキングモジュレーターだったとおもいます、ホースをくわえて歌いながら弾きます。」~貴重な映像です。しかし、BECKは若いですね。」

ギブソンレスポールの太くて腰のある音がたまらないですね。
フレーズもかっちょええわ~!

JEFF BECKのこの頃、JAZZ,ROCK、SOULの融合が素晴らしく
世界のギター小僧を熱狂させました。ロック&ジャズの垣根を取り払った革新的なアルバムだったとか!

あのジミーペイジも絶賛した「BLOW BY BLOW」~日本版タイトルは「ギター殺人者の凱旋」{プロドューサーはジョージマーティンです。}全米4位まで昇りつめた名作。JAZZ、ROCKのインストで演奏も抜群でここまで評価されたのは中々なかったですね。

それから「WIRED」~これも又かっこよく、BECKの切れ味鋭いナイフでえぐられる演奏にはぶったまげました。
[PR]
by windfusion | 2010-02-09 00:59 | 店主の日記 | Comments(0)

JEFF BECK!


JEFF BECKのギターOHHH"しびれますね。

瞬時にボリュームトーンを駆使、繊細で微妙なニュアンスを楽しんで奏でる。爆

歌をも超越するギターザムライ~なかなかおめにかかりませんね。

ブルージーな感じでギターを泣かせております。

魂が宿るギターリストJEFF BECKの「新作が3月頃に出る!」~まちどうしい。

☆☆☆☆☆ジェフ・ベック グラミー賞を受賞!「最優秀ロックインストゥルメンタルパフォーマンス」受賞。

あの衝撃のライブ、2007 ロニースコッツクラブのライブDVD「世界のファンが40年間待ったと言われる。」
その中から「ア デイ イン ザ ライフ」が選ばれたそうです。

JEFF BECKはグラミー賞、5度目だとか!凄い

昨年のギター殿堂入りから続き、本当に凄いですね。~おめでとうございます。

そして、グラミー賞パフォーマーとしても演奏がかっこよかったです。
[PR]
by windfusion | 2010-02-03 01:03 | ROCK | Comments(0)