<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

コラボ展~アートピック!

昨年の山中温泉ゆけむりコンサート2009年 11月19日 芭蕉の館にて
奥の細道スウィングクラブ「FLY ME TO THE MOON」~コンサートがありました。

山中節の詞による 山中LAMENT”
原曲の山中節が醸し出すイマジネーション豊かな世界は~
作編曲:塩村氏~素晴らしいアレンジでした。

以前、10数年前曽々木海岸でコンサートを見に行きました。上田 正樹がゲストを紹介していました。
何と塩村さんがトロンボーンで渋ーく参加していましたね、良かったです。

~芭蕉の館でのコンサートが終わってから、初めて話しました、「あの時の演奏良かったですよ」と、
言ったら恐縮していました。~ナイスガイの方でしたね。

ボーカル「塚崎 さなえ」さんの声が優しく織り成す世界はじわーっと感動へと移り変わりました。
御本人も感動極まり泣いておられオーディエンスもぐぐっときたのでは!
素晴らしく良いいコンサートになりました。綺麗な方でした。

本当はギター演奏する予定でしたが急遽蒔絵実演をしました。
「身体の調子崩していたので」~御迷惑おかけしました。

仲間への恩返しもあり、その作品がやっとこさできました。
材料、手間暇かかりましたがここはプレゼントにしました。

山中LAMENTからインスパイヤしJAZZのロゴを青貝、純銀の平めを漆で張り砥ぎだし、
紅葉を2枚描きました。「乾漆粉の黄色、紫色をつぶし粉末にしました。」シンプルでありますが手間隙かかっております。
e0063208_13444826.jpg
このべっ甲ピックはクラプトンモデルです。~自然のまだら文様がが特にきれいです。

☆☆☆長崎べっ甲のピックです。「べっ甲ピックのk-kfactory"さんの素晴らしいピックです。」
皆さん、御見知りお気を!
[PR]
by windfusion | 2010-01-31 13:08 | Art | Comments(0)

コミュニケーション下手!

TVを見ながらうたた寝をしていました。

内容は、日本人は特に自分の言いたい事がはっきりと言えない「昔は奥ゆかしくて通ったのですが?」

ドイツワールドカップのサッカーで日本は完敗しました。「力の差、以上にコミュニケーション不足が?」~オシム元監督が語っていた。

最近特に、携帯のメールで羅列した文を読んでいたりする習慣がつきました。

肝心な時に「マンツーマン時とか、人前で説明したりする場合」~言葉が出てこなく、「コミュニケーションができない若者が増えてきている」と、学校の先生が嘆いていました。~起承転結がチグハグで先々に大変な事になるのでは?~巳につまされる。

職人の人達も口下手で「自分も特にそうです。」口ごもるし、後継者とかに大事な事を伝えたりする時に非常に難儀します。~なんとかしないといけませんね。

蒔絵の実演をした時にNHKの松○アナがきました。TVで見た感じのさっそうとしていました。緊張~えっと~この芭蕉の館は漆で描き卵の殻を割って張り乾かしてから~「しどろもどろで何とか解かってくれたらしい」
~まだまだ修行が足りませんでした。

e0063208_2151498.jpg

~記事とは全く関係ありませんが、僕の好きなカワセミの仲間でもあるアカショウビンをご覧あれ。
[PR]
by windfusion | 2010-01-31 02:16 | 店主の日記 | Comments(0)

以前にも紹介しました、日本にも素晴らしいギタリストがまだまだいます。~今 剛です。


このライブはパラシュートと言ってその当時一世風靡したバンドです。
スタジオミュージシャンで結成された超スーパーバンドです。

松原正樹&今 剛のツインギターは最高です。

この曲は「アガサ」と言って今 剛のファーストアルバムに入っています。
昨年、29年ぶりのセカンドアルバムを出しました。

初めて聞いた時は、LAのギターリストかと間違えたほどリズムギターは歯切れ良く音色が又素晴らしく感動しました。無駄な音が入ってないのが又GOODです。


イントロを聞くと何かがうごめき、いろだつ そんな感じがする素晴らしい名曲です。

井上陽水、角松敏生、今井美樹、マリーン、 寺尾 聡「ルビーの指輪」等など、NHKのソングスのバックバンドでもひっぱりだこです。

本当に素晴らしいギターリストで良い音色を出しますね。

実際にライブでパラシュート、井上陽水のコンサートを見にいきました。

R&B~JAZZまでリズムの切れは抜群でアドリブが又、かっちょいいですね。

今 剛~独自の音色が素晴らしくキューンときますね。
[PR]
by windfusion | 2010-01-28 23:38 | 店主の日記 | Comments(0)

Cream - Crossroads live 1968



若き日のクラプトンカッコイイですね、ギターはギブソン335かな?

このライブと似通ったDVD盤が手に入り聞きまくりました。

太めのディストーションサウンドがたまらなくいいし、手に汗握るインプロビゼイションは圧巻です。

特にチョーキングビブラートには黒人からの影響「ブルース特有のモタリ感」ありますね。
この頃のクラプトンが大好きです。

2月に又クラプトン&ベックの世紀の共演が再び決定しました。

素晴らしい僚友にあっぱれです。
[PR]
by windfusion | 2010-01-24 14:56 | 店主の日記 | Comments(0)

7年ぶりの新作~ROCK、SOUL,JAZZっぽい処もあってほしい。

うわぁ~”JEFF BECKが7年ぶりに新作を発表するらしい。
タイトルは「エモーション・アンド・コモーション」です。

何と64人編成のオーケストラをバックにインストが4曲入っているとか。
以前のライブアルバムでも演奏していた「虹の彼方に」が入っていますね。

やった~世界のファンがずっと待ち望んでいました。
e0063208_128091.jpg

これがジャケかな?

実際はもっと明るくて渋い感じのジャケです。
鷲がギターを抱えてる、すっげー壮大なスケールが!

3月に発売される予定だとか?

又、来日します。あー行きたいですが、今回はいけそうにないかな?残念。

しかし、早く新譜が聞きたいです。~魂を揺らす音源が待ちどうしい。

僕も負けじと新作ピックのデザインやらなければ!

厳しいですが今が踏ん張り時!
[PR]
by windfusion | 2010-01-22 01:38 | 店主の日記 | Comments(0)

NHK SONGS!

ボーカルは久々のNOKKOですね~懐かしい楽曲もやって良かったです。
そして、鳥山雄司が出ているではあーりませんか?

OHH”かっこいい~良い音を出しますね。

あのジェームスタイラーのギターですね。

バッキングはツボを押さえた感じで、アドリブが又素晴らしく「ロックフレーバーから渋いJAZZYなフレーズが痺れます。」~魅惑のギターリストであり又、アレンンジャーとしても洗練されて心地いいのです。

☆あのスーパーユニットJAZZ FUSIONバンド~ピラミッドのメンバー「鳥山雄司ギター、和泉宏隆キーボード、神保 彰ドラムス」~新譜が待ちどうしい今日この頃です。

写真は著作権により削除しました。
[PR]
by windfusion | 2010-01-14 01:33 | 店主の日記 | Comments(0)

新年を迎え!

明けましておめでとう御座います。

本年も宜しく御願い致します。

JEFF BECKの新作が待たれる今日この頃~え?・・・・・・・・?今年出るらしい噂があります。
トリオだとか?楽しみです。

不況も長引くし人間も腐るし~せめて音楽で心を暖めたい。


ユーチューブでのJEFF BECKの名演は素晴らしいですね。
タイトルは「悲しみの恋人達」でスティービーワンダーが書いた曲だそうです。
これは2007のクロスロードフェスティバルだったと思います。「間違ったらごめんなさい。」

ボリュームコントロール駆使での絶妙なバイオリン奏法は胸を打ち涙がちょちょぎれます。
繊細で微妙なビブラート、スライドバーでのうねりが又絶品です。カモメが鳴くような音、雷鳴のようにも聞こえる音もやっていました。「1音1音に魂こもっていますね」

昨年の金沢公演ではこの曲のイントロから感動で涙が出て思わず感涙してしまいました。
僕だけかと思いきや結構まわりの方も感動していました。

女性ベースのタル・ウィルケンフェルドはあのチックコリア御大ともセッション「なんと、オールマンブラザーズともセッション」して、すでにお墨付、超スーパーベーシストであります。

JAZZ FUSIONは上手いですね。ベース歴6年は驚きですね。天性
そして、この頃まだ20~22歳ぐらいだったらしい~もうぶったまげですね。

タルのアドリブ、ソロが決まりオーディエンスも最高に盛り上がりましたね。

BECKも若いアーティストに惹かれ相当感化されたらしい。
新作が早く聞いてみたいです。

世界3大ギタリストとうたわれました。~クラプトン、ベック、ペイジ。
革新的でベジタリアンで車いじりが好きでインタビュー嫌いで「時にはすっぽかす」実際は好青年だそうな!
「年齢にはびっくりです。」~恐ろしく若いです。
[PR]
by windfusion | 2010-01-03 01:26 | ROCK | Comments(2)