<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山中温泉「燐」で熱狂JAZZ”FUSION LIVE!~最高に良かったです!

069.gif

素晴らしいLIVEでした。
e0063208_052721.jpg

清野拓巳さんに、僕の蒔絵ピックをプレゼントしました。あのJEFF BECKにピックを渡してから次の白矢を射たのは清野さんです。~偉そうにすいません。

~「夜の芭蕉堂にコウモリが飛んでいる。~を描きました。」~なんとそのピックで1曲弾いてくれました。OHH初めての経験です。「和風文様でコウモリは縁起物と云われています。」
e0063208_20562880.jpg

~非常に喜んでくれました。「使うともったいないと言われました」~僕はそれ以上に感激しました。
しかも、LIVE目の当たりで弾いてくれるなんて最高のシチュエーションですね。

「清野さんは、あの有名なドイツ名門バークリー音大出身で海外でのセッションも豊富な方で百戦錬磨は周知の通りですが、プレゼントしたピックは形、厚みも違うし弾きにくいはずなのに全然大丈夫だったですね。驚愕
e0063208_0483021.jpg

音色を表現すると、雨上がりの葉っぱに雫がころがりおちるようなジャズギターリスト特有な音で軽快で腰があって甘ーくマイルドなサウンドでフレーズが又渋くて癒せる感じもします。

e0063208_0495868.jpg

ギブソン335はビンテージモデルにはこだわってはいないとの事です。

清野さんとは3年余り前に中華長楽店のJAZZ”LIVEでで初めて拝見しました。ギターの音色、フレーズにいたく感動し、それ以来大ファンになりました。アコーステックギターもやっていましたね。

~何しろ目をつむると映像が出てくるのです。森林浴している感じの清涼感が伝わってきたのです。驚きました。

e0063208_825267.jpg

☆☆☆BAND名はNEXT ORDERです。

ストラトキャスターのギターで疾走するは武藤祐志さんです。音色は繊細で攻撃的ですがフレーズがカッ飛び乱舞しオーディエンスはくぎずけにされますね。

ワイルドでテクニシャンですね。こちらも又凄い方で見入ってしまいました。綺麗な音色とかっこいいフレーズで素晴らしい演奏でした。

武藤さんはアメリカのGITで勉強されたのです。「スコットヘンダーソンに師事」~あのチックコリアのBANDにも在籍していた超絶のテクニシャンですね。凄いです。

~超早弾きと複雑なフレーズでビシバシと決めるあたりには、長楽店主さんと顔を見合わせてしまいました。すっげーかっこええわー感動感激でしたね。

武藤さんにも蒔絵ピックデザインしてプレゼントいたします。「デザインは土星、火星 どちらかですね。」
しばしお待ちを!

☆☆☆ベースとドラムの方にも描きますので時間かかるかもしれませんがお待ち下さい。

山中温泉でこんなにも素晴らしい超絶美技JAZZ FUSIONバンドが見れるなんて最高な日でした。

ありがとうございました。
[PR]
by windfusion | 2009-08-26 08:05 | Comments(4)

夏も終わり!

058.gif

日曜日、海に行って来ました。


波はちょっと高かったですが、水温は程よく気持ち良かったです。


今年の残暑は少ないかも?朝晩もめっきり涼しくなって来ました。
[PR]
by windfusion | 2009-08-24 01:31 | 店主の日記 | Comments(0)

山中温泉の芭蕉堂!



まだまだ試行錯誤途中の芭蕉堂です。~長崎べっ甲のクラプトンモデルです。
このピックは凄腕JAZZ”GUITARISTに進呈されるシロモノです。

地面は「苔むす」感じをだしたかったのですが中々うまくいきません。

もう少し日にちが経つと屋根の部分、淡いグリーン色が出てきます。枯れ枝はブルーを塗り込みました。
e0063208_1113820.jpg

壁には卵の殻を砕き漆で張り窓には貝も張りました。写真ではわかりにくいですがUPをするとわかります。「粗も目立ちます」

そして、コウモリも描きました。~もっと、余白の美を追求しなければ!

厳密に言うと貝も光る方向があるので向きをずらして張ると目立たないです。
たかが蒔絵ですが、出来上がるまでの工程とか難儀なものです。

筆は毛が抜けてしまい絵を描くとかすれてしまうようになりました。そろそろ筆を新調しなければ、
コウボウは筆を選ぶ~爆 BY~エセ蒔絵氏
[PR]
by windfusion | 2009-08-18 01:15 | kodawari | Comments(0)

海水浴!

058.gif

ここに来てやっとこさ夏らしさがでてきました。遅すぎでーす。
e0063208_20125278.jpg

夏もわずか、秋へと誘う雲かな!
海鳥もさっそうと魚を探していました。
e0063208_20133258.jpg

波はほとんどなかったけど、水温がちょっと冷たかったです。気分爽快~気持ちは良かったです。
最近重労働の仕事はしない部署に代わったので、運動不足気味です。肩こり、腰痛も酷くなってきました。

だから、運動不足解消に水泳「クロール」は最適です。

昨年は海に10回ぐらい行き真っ黒になりました。今年は天候不順でまだ3回しか行っていないです。

残暑は少しありそうなので9月にも行くつもりです。
[PR]
by windfusion | 2009-08-16 20:26 | 店主の日記 | Comments(0)

BEATLESの名作~アビーロードから40年!

NHKのニュースでBEATLESの名作アビーロードのジャケ撮影から40年経ったらしい。爆
e0063208_22351788.jpg

大勢のファンがかけつけてこの歩道を歩き写真を撮っていました。

そして、山中温泉でもパロディですが仲間が挑戦しました。{昨年の11月に撮影したらしい。}
新聞記事でも取り上げられ全国からも注目されました。爆
e0063208_22361261.jpg

左側から左らくさん、我戸君、sakaamiさん、長楽さんです。「この時ミゾレ混じりで寒かったらしいです」~おつかれさま!
そして、この素晴らしい写真を撮ってくれたのは金沢在住のゆりまるさんです。

☆この仲間達がやってくれたお陰で僕も負けじとJEFF”BECKにピックを渡す原動力になったのは言うまでもありません。

この仲間達のレコジャケ展におんぶにだっこですね、アートピックとのコラボとして参加させて頂く事になりました。11月頃です。~レコジャケ&アートピック展は注目度UPですね。

☆夢は大きく世界3大ギタリスト~エリッククラプトン、ジェフベック、ジミーページに招待状を送りたいですね!

僕の気まぐれな性格からこういう事がないと10年後になってしまうので頑張って作品を創っている最中です。

☆皆様 是非見に来てくださいませ!
[PR]
by windfusion | 2009-08-14 22:33 | ROCK | Comments(2)

天変地異でこの先もどうなるやら!~まだまだ序奏なのかも!

021.gif
今日、会社の昼休みに弁当を食べていたら、女性の悲鳴が聞こえ窓側を見たら~ななななななんんと
全長1メートル50cmはあろうか青大将ちゃんがいるではありませんか!いらっしゃーーーーーい!~なんていったらこちら側に来てしまいました。こわーーーーー、言わんとけばよかったのに。怖い
そして、花壇の側まで来て姿くらましました。淡い緑色で毒のない種類であろう。

おっそろしいー「驚愕」しかし、久々にあんな長い青大将を見るのも久々かな?

7年前にもそういうことがありおまけに夢のなかでトグロをまいた大蛇がでてきました。全長10メートルぐらいあって「うぉーーーーーー」っと雄叫びを!~汗びっしょりで~夢でした。

その当時は、バイト、蒔絵、BANDで疲れがピークだったかもしれません。

でもその夢を見てから不思議とアクセサリーの注文が入ってきたのである。偶然かも知れませんが信じることは救われる。

何か良いことが起こればいいのですが、昨日の異様な蒸し暑さで青大将も出てきたのかな。
今日の会社帰りに鳥の群れが普段より物凄い多いのです、こちらも」、地震の前兆とかはないでしょうね。
こわーーーーー!

e0063208_20391393.jpg

家の壁を逆さまに止まっていました。すうぃーーーーっちょんってなくんやったかな?
[PR]
by windfusion | 2009-08-13 20:41 | 店主の日記 | Comments(0)

海外からも羨望の眼差し~羨ましがられた日本での、クラプトン&ベックの共演!

004.gif
e0063208_124639.jpg

あの奇跡のコンサート~クラプトン&ベックが上映される。爆

クラプトンは1度、数10年前に京都会館で見て、ベックは金沢公演で2度見ました。

コンサートも行きCDもDVDも買って飽きる程聞いたけどやっぱり素晴らしいです。

生き様が音に出て表現されるなんて中々いないですね。

それぞれが友人同士で昔ライバルでもあったし趣味趣向も違うし音色フレーズも違います「クラプトンの黒人ブルースに影響されどっぷりとのめりこみ、ベックはナイフのように鋭角的に鋭くもあり美しいを音を追求」が2人が共演する姿を見たらもうぐぐっときますね。驚愕

しかし、この上映はこちら石川まではくるのかな?
[PR]
by windfusion | 2009-08-09 12:06 | Comments(0)

和文様に久々挑戦します!

004.gif
写真ネタも底をつき、使いまわしもチラホラですね。笑

~これは帯止めに琴を描きました。ちょっと見ずらいですがお許しを。

「本当にしんきくさい仕事やねぇー」
これをピックに描くと面白いかも?
e0063208_20272444.jpg


数年前にも載せましたべっ甲の帯止めです。

ここに紹介する方は、神戸出身のJAZZGuitarist清野拓巳さんです。「以前長楽さんでの本番前の練習風景を撮りました。OHHHHHHHH”最高な音色、オリジナリティあるフレーズに感激しました。」

~それから大ファンになりコンタクトとりました。凄腕はもちろん「なな何とバークリー音大出身であります。」そして、素晴らしい好青年でありました。CDも20枚以上出し好調に売れているらしいです。爆
e0063208_2029143.jpg

「長楽JAZZ”LIVEでの練習風景}~僕も大好きな名器ギブソン335です。

清野さんは昔、油絵を目指し挫折した事とか、JAZZ”GUITARISTになる事を決意した事をメールで知りました。~CDジャケットも手がけ、アートな感じで油絵を塗りたぐった感じで凄いですね。

ピックにデザインを描きプレゼントします。「幾何学文様、和文様などが好みらしいそうです。

素晴らしいアーティストに感化されがんばるしかなーい!
[PR]
by windfusion | 2009-08-04 01:07 | Art | Comments(0)

ポール・ゴーギャンの生き方に感銘!しかし、壮絶な人生を送ったのですね!

NHKでゴーギャンの名作「我々はどこからきたのか 我々は何者なのか われわれはどこへいくのか」を編集で紹介していました。
e0063208_10513371.jpg

ゴーギャンがなぜタヒチに来て新天地を求めたか?~我々後世に伝えたかった事を絵にしたためたのか?
まだ勉強不足なので調べてみたい。
e0063208_10572294.jpg

名前は「ヘレン」~ニュージーランド出身で、日本人の作曲者とコラボして聞きやすい旋律と美声で良かったです。
タヒチとニュージーランドって同じ民族らしくヘレンにも情熱の血潮が流れているらしい。

☆☆☆ゴーギャンの軌跡を写真家の浅井慎平さんも現代に置き換え語っていました。
e0063208_1171542.jpg

これが上でも紹介した名作の左上に書いてあります。~我々はどこから~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

e0063208_11102949.jpg

ゴーギャンの墓です。


ゴーギャンの若い時に株で大儲けしたこと、愛娘が亡くなった事、タヒチで若い娘を夫人に向かえ絵のモデルとしても表現し賛否両論だった事など~壮絶な人生を送った画家。

~「西欧文明に背を向けたフランスの有名画家ゴーギャンのドキュメンタリーが7月に上映されたらしい」~ちょっと支離滅裂ですがもっとゴーギャンの事が知りたくなりました。
[PR]
by windfusion | 2009-08-02 11:15 | Art | Comments(0)