<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世界のGUITARISTに捧ぐ~最高のLIVE!~職人の鏡~


待ちに待ったJEFF BECKのDVDを先行予約していて、ついに今日来ました!
e0063208_20571785.jpg

クラプトンが2曲でゲスト参加~最高でーす。「クラプトンがボーカルを!」~わおおおおおおおお!

CDに入ってない曲もあるし、何しろさっきこのDVDを見たらGUITARのデジタルディレイの残響音の綺麗な事ったらありゃしない。~音源もLIVEの割りにいいですね。

OHHHHHHUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUおおおおおおおおおおおおおおおおお~やっぱり凄いこの神業BECKは改めて野獣の感性+α=だけでは言い表せませんね?

ここまで年季が来ると身体の一部なんでしょうか?スライドバーを自由自在に滑らかに歌い上げる。
繊細なビィブラート、ブリッジを叩いたり、ア-ムの使い方、奇想天外なフレーズ等など、ほんとうに凄いです。
e0063208_0424640.jpg
タル ウイルケン フェルド「可愛いベーシスト」この時まだ、え”21歳?信じられません。まだあどけないお嬢ですが、素晴らしいテクニックですね。~「タル嬢がアドリブを決めるとBECKも脱帽ですね。~世界も認めるはずです。」
e0063208_1215174.jpg

JAZZ FUSIONが好きだそうです。~うわー僕と趣味が合いますね。是非セッションやりましょう。「よくも抜けぬけと言ってしまった」爆爆爆
e0063208_19275655.jpg

このべっ甲ピックにハイヒールを描きタル嬢に渡しました。~このデザインが可愛いってスタッフの方が喜んでくれました。爆
☆タル嬢は、ファンクっぽい物や、R&Bフュージョンっぽい物までベースラインなんかしっかりとリズムをキープ、ユニゾンの早い曲など、いとも簡単に弾いてしまう~驚愕だ~素晴らしいです。
e0063208_044357.jpg

スキャッターブレインの曲の時にピックを使っているではあーりませんか?早いフレーズはピックがないと弾き難いでしょうね。
e0063208_11231450.jpg


はたまたBECK病はぶり返すのであった。超爆”
[PR]
by windfusion | 2009-03-29 16:19 | kodawari | Comments(4)

ベック&クラプトン効果!

イヤーフォンに長崎べっ甲を取り付けてみました。
この型のべっ甲は今をときめく大人気のクラプトンモデルなのです。「僕のお気に入りなのです」~このマダラ文様と形が飽きないです。

クラプトンモデルに漆で蒔絵を描きジェフベックに渡りました。「クラプトンの心をくすぐったかな?」
摩訶不思議かと思いますが、ベックは最近ほとんどピックを使わずフィンガーなのでべっ甲屋さんもジェフベックモデルを創っていないのでしょうか!

埼玉アリーナでのベック&クラプトンの共演はさぞ凄かったのでしょう。ネットで大盛り上がりでしたね。

e0063208_17315974.jpg


「椰子の木にたたずむ~ラクダ」を描きました。

6月中旬にレコードジャケット&ART"sピックを開催の予定です。~相当遅れてしまいました。
ここ1か月デザインが進んでなかったのでこれからかかります。

気分が乗らない時は数年描かない時もあるので又、これからですね。筆も毛が抜けてきたので注文しなければならない、金粉も高騰、漆もそろそろ足りない、絵漆が硬く練らないと~甘くはないですね。~最低限は取り揃えないと厳しい現実!

2足のワラジはほんとうに辛いですがボチボチやります。
[PR]
by windfusion | 2009-03-22 17:13 | Art | Comments(8)

グリーンめのうピック~綺麗です。

004.gif
めのうで創ったピック~購入しました。「グリーンめのうピック」

透かして見ると淡緑で良い感じです。
e0063208_14184.jpg


このピックは、アクセサリーとしてもGOOD"~素材が綺麗なのでワンポイントに描かねば!
☆石に漆は剥げやすいので、コーティングしてからでないと描けません。

MY”GUITAR、2本目のギターは「バーレィアーツ製ストラトキャスター{これは日本製で18万9000円しました。少し重いですがレスポールとストラトの中間の音がします。}お気に入です。USA製は倍以上し、高くて買えませんでした。これでも充分プロ志向です。~音はハーフトーンが柔らかく良い音が出ます。「ピックアップは交換し渋い音になり満足しています。

前にも紹介しました、このラリーカールトンのアルバムタイトル名「SLEEP"WALK」
e0063208_10353863.jpg

このジャケットに写っているのはギブソン335です。「メローな音で感動します。」

☆1曲目LAST NITEがバーレィアーツのギターで演奏しているようです。~夜のしじまに~そんな感じの音が凝縮されています。笑~シングルコイル系の音が柔らかく滑らかでフレーズはブルースフレーバーがご機嫌でジャジーに決めています。キーボードはフェンダーのローズサウンドがGOOD"です。

「バーレィアーツ社」~ラリーカールトン、スティーブルカサー等などが使っていたブランドです。
確かこのメーカーは無くなったはずです。~貴重でーす。
[PR]
by windfusion | 2009-03-21 21:18 | Art | Comments(3)

MY~GUITAR!

060.gif

しばらくぶりでGUITARを弾きました。

e0063208_1382961.jpg

[PR]
by windfusion | 2009-03-14 01:41 | Jazz | Comments(4)

驚愕のGUITARIST"JEFFBECK!

004.gif

レジェンド”GUITARIST”~JEFFBECKが奏でる音~ある時は天と地を切り裂き、閃光が走る。

コンサート途中バラードが流れ目をつむると、港でヨットが停泊中カモメが泣いているそんな情景が現れ癒されました。「スライドバーで滑らせたり、ブリッジを叩き、震わせたりするとまるで宇宙遊泳するような感じにも聞こえる。~「表現方法がちょと難しいかも?」~大驚

JEFF"BECK&タル ウイルケンフェルド「女性ベーシスト」のまるで親子が睦まじくにんまりとプレイする姿が微笑ましくもありBECKも大人になったじゃん”角がとれたかな? ~ナイスガイ でしたね。「かっちょええ~」

ベジタリアンでもあり、鍛え抜かれた強靭な身体から滲み出る繊細な音は何でこんなにも凄いのかな!

ほんとに恐れいります。~歌をも超越する繊細なビブラート、アーミング、魔法のフインガリング等など~神業”と言う以外ないですね。

☆☆☆進化し続けるBECKは職人の鏡ですね。~見習わなければ!

e0063208_1432394.jpg

           BECK熱まだまだ冷めやらず!
[PR]
by windfusion | 2009-03-11 01:45 | ROCK | Comments(0)

ART’ピック~イアリングにも使えるようにしたい。

ART'sピック~イアリング「ティアドロップ型のピック」にも使えるようなデザインに挑戦!

~ただいま奮闘中!



e0063208_035930.jpg

[PR]
by windfusion | 2009-03-05 00:34 | Art | Comments(4)

奇跡”快挙”信じられなーい”から2週間経ち~いい兆しが?

007.gif
花粉症が酷くなってきました。目はかゆく鼻はむずがゆいし最悪です。~いつごろからってそれは。。。。。
春1番が吹いたあの日の翌日からです。
e0063208_1683875.jpg

「リターン トウ フォーエバー」のジャケからヒントを得て描きました。~「べっ甲蒔絵ピック」


{BECK裏話”}~3回目かな?大爆
あの忘れもしない先月13日「BECKコンサート」春1番が吹き兼六園近辺は大渋滞に巻き込まれ、「駐車場は、何処も満車」~厚生年金会館[ウエルシィティ金沢」に開演5分前に着き「偶然目の前に空車が空き~信じられない事が?」~これを逃したら50分は遅刻だったのです。

本当はBECKコンサート行く予定はしていませんでしたが、急に行きたくなりコンサート10日前にTEL S席のチケット、端っこ1枚だけあったにもかかわらずやめてA席にしてしまった。「係りの人が端でも前から15メートルぐらいなので~充分いい席なのに、僕は断りA席にしてしまった。「~後から悔やみ、バカとしかいいようがない」~

おかげで、40メートルも後ろでした。爆~しかし、「ぬかりはないぞ」友達から高性能の双眼鏡を借りていったので10メートル前にBECKがいるではあーりませんか?OHHHHHHHHHHHHHHHHHH"手元からGUITARのヘッドのフェンダーのロゴの字まで、ベースのタル嬢の可愛い事ったらありゃしない「ベース若いのにチョッパーとかではなく渋くて上手いなーとおもいました。」

「後日談」~それも出発する時刻に大幅におくれたのです。4時過ぎにピックに穴を開ける最中に手元が狂いべっ甲に傷を付け研磨機で磨き、桐箱に箱書きを長楽お母さんに頼み込み、出発は5時を過ぎていました。「皆なからなぜもっと前もって用意をしないのかと叱られ~ごもっともでーす。

~激震”JEFF"BECK金沢公演の日「BECKにピックが渡り衝撃が走りました。」~僕ごとき~連日、新聞記事にも出てしまいオオワラワでした。「関係者の方もかなり骨を折ってくれたらしく~紳士的で”」感激”~BECK”は相当、気難しい性格なのでだめかも?と聞いていたので「BECKも喜んでいたらしい」~一生で忘れられない日となりました。

☆☆☆しかし、一歩間違えば「ピックを渡す処か、悲喜劇になりかねなくてよかった。」

~昔、夜の野外LIVEを見に行き土手につまずき、崖下に真っ逆さまに2メートルダイブ~転落し目の前に岩があり30センチぐらいで寸止め。ぎょえええええええ~「ミュージシャンに引き上げてもらいかすり傷ですみました。爆

BECKからパワーをもらい~これからがもっと大変なので気を引き締めて、春にレコジャケ&ART”sピック展に向けて頑張らなくては!

何かご要望があればご意見等、うけたまりますので宜しく御願いいたします。
[PR]
by windfusion | 2009-03-01 12:25 | Art | Comments(0)