山中温泉から発信~JAPAN=漆

朝晩めっきり寒くなってきました。

そこらじゅうでイベントが開かれています。
~山中漆器新作発表会が11日から12日まで、
文化会館でやっております。勉強がてらに見にいきたいと思います。「報告できれば?」

近年、景気減退に拍車がかかり漆職人も益々減り、
食いつなぐのには皆な大変苦労されている状態です。

一方で漆修復の技術では第一人者の先生を招き秘伝を教えるとかで一回目だけ参加しました。凄いりっぱなすずり箱の山水画だったかな?桜型の切金が剥がれていたり、真っ二つに割れた箱物の蓋の修理「木を削って枠を作るところから?驚愕~」

ぶつけてえぐられた箇所の修理も?「木地、下地、塗り、蒔絵まで半年ぐらいかかる物まで」

~気の遠くなるような作業ばかりなのでお弟子さんも長続きせずほとんどやめたと、おっしゃっていました。~感銘を受け改めてJAPAN=漆を見つめ直したいと思いました。
e0063208_0165086.jpg

雑貨屋さんで見つけたペンダントに試作してみました。海鳥は漆で貝を張り、乾かしてから漆を塗り込み研ぎ出す~波は銀の切り金も散りばめました。~創作途中でーす。
[PR]
by windfusion | 2008-10-12 11:41 | Art | Comments(0)