素晴らしいアーティスト「作曲家,シンガーでスタジオミュージシャンでもある」~広谷順子


曲名は「水に挿した花」です。胸に奥深く入り込むこのメローディーラインには鳥肌が立ちます。~作曲は僕の大好きな広谷順子さんです。

☆{ここで広谷順子さんを紹介します。}☆
学生時代にコンテストで作曲賞、グランプリ賞を受賞、スカウトされる。

☆シンガーソングライターでファーストアルバム「その愛に」
セカンドアルバム「Blendy」サードアルバム「ENOUGH」~{このアルバムは全く知りませんでした}。この3枚のアルバムをリリース後、フリーとなり、スタジオコーラス等などをへて、作曲活動に専念

そして、木戸やすひろ、広谷順子コーラスユニット{綺羅}結成し、現在、スタジオ及びライブ活動等も精力的にこなしている。

プロフィールはブログ等で引用してみました。

広谷順子のファーストアルバムの「その愛に」~名盤ですが、中々手に入りません。再販してほしいですね。
ミュージシャンには吉川中英の奏でるアコギのアルペジオに聞き入ってしまいました。
もしや鈴木茂のストラトキャスターも入っていたのでは?シングルコイルの音でシンプルに弾いていました。「これが又良かったのですね」

曲目~「恋歌」ではギターのアルペジオが静寂さを添えて奏で、「古都巡り」では京都をしくしくと歌い上げ、松原正樹の間奏のギターがメロディヤスに歌い上げ、「その愛に」~鈴木茂らしいギターがシンプルに素晴らしく歌を盛り上げています。~友達のレコードを借り、擦り減る程聞きおまけにホコリがめずまりして雑音だらけになってもシブトく聞きました。あげくの果てに盤は反ってしまいお盆のようになってしまいましたが懲りずに何百回聞いた事でしょうか、完璧に覚えてしまいました。

あ!ボサノバ調の曲も大好きで「曲目は忘れました」シンセサイザーが素晴らしい音、フレーズで最高!

セカンドアルバム「ブレンデイ」でのミュージシャンは僕の大好きなギターリスト鳥山雄司、今 剛、吉川中英「AG]など、素晴らしいギターリストのオブリガートなどが聞けます。

e0063208_2042171.jpg

この方が広谷順子さんです。綺麗ですね。

e0063208_20432239.jpg

コーラスユニットで綺羅と言います。広谷順子さん、木戸やすひろさんです。


食彩の王国のテーマ曲です。曲名は悠久の翼です。「最近、綺羅”を知りはまってしまいました」
心に響く歌声胸に染みますね。心が洗われる曲だと思います。~日曜日の朝日放送TVの朝9時~9時30分~先週、寝過ごしてエンディングにチラッと流れていました。今度は最初から見たいです。


木戸やすひろさんの曲名は「楽園の雪」です。秋の夜長に聞くと感動してしまいますね。本当に素晴らしい感性のコーラスグループに敬服します。

綺羅ブログでミュージシャン鳥山雄司「僕が尊敬する」が語っていました、まるで小津安二郎の映画を見ているようで・・・・・・・・僕も同感致しました。


きれいなハーモーニーで詫び寂びが伝わってきます。
e0063208_129627.jpg

ちょっと時期外れですが、5年前の作品を載せました。
べっ甲リングに桜の蒔絵依頼があって描きました。漆で描き金粉、貝などを施します。

綺羅に影響を受け和文様を追求したいと思いました。最近、御本人さんとコンタクト取れました。仰天してしまいました。「返事きた~~~~~!嬉~~~~~~~~~しかったぁ~です」

{蒔絵素敵ですね・・・・・}1流のアーティストの方に、こんな事を言われたら、頑張るしかないですね。~励みになりました。~綺羅の歌に触発して和文様を追求してみたいです。

「蒔絵の材料金粉高騰やらで倒産、職人もやめていくばかり」~現在、片手間でしかできませんが、何とか・・・・・・細々と続けておりますが厳しいです。
[PR]
by windfusion | 2011-09-27 01:31 | 店主の日記 | Comments(0)