JAZZトランペッター五十嵐一生~山中温泉の山中座でJAZZコンサート9月16日です。


曲名は「思い出の夏」です。夏の終わりに聞く哀愁のトランペット良いですね。


五十嵐の研ぎ澄まされた音、素晴らしい。胸に染み渡りますね。

五十嵐一生プロフィール~北海道から転校し、山中中学校に編入して響輝に在籍していました。
国立音大出身、山野ビックバンドコンテストでは「優秀ソリスト賞」を獲得。

中村誠一グループを経て、日野元彦グループ”に参加。都内各所のライブハウスに、多数のミュージシャンと共演してレコーディングする。

1993年「Deep Blue Rain」でソロ・アルバム・デビューを果たす。
1994年「GOLDEN LIPS」(1995:スイングジャーナル誌での選定ゴールドディスク受賞)
1996年 「TOKYO MOON」
1997年 立川直樹プロデュース作「SUMMER´S ALMOST GONE」を発表。

2001年映画のタイトル「真夜中まで」主演の真田広之に演奏指導をし、サウンドトラック盤でも録音
~タモリの「笑っていいとも」で主演の真田広之が五十嵐一生の事を語っていました。

共演したアーティスト~中村誠一、渡辺香津美、辛島文雄、本田竹広、峰厚介、、益田幹夫、板橋文夫、土岐英史、古沢良次郎、渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正~一流のプロの方がたです。

2006年NHKのドラマ「クライマーズ・ハイ」で哀愁のあるトランペットを奏でていました。五十嵐一生です。
この時の演奏もすばらしかったです。

実は数十年前にNHKのFMセッションでバンド名は「プラネットX」の演奏を聞きラジカセ録音しよく聞きました。
そのメンバーに五十嵐一生トランペット、本田珠也ドラマーなどが素晴らしいインプロビゼイションを展開していました。

マイルスを彷彿させるような演奏で鳥肌が立ちました。その時のギターリストも凄い良かったです。

しかし、山中中学校出身でこんな素晴らしいJAZZアーティストを輩出していたなんて驚きですね。
五十嵐一生のライブは昨年と12年前やったかな?僕は、今回で3回目ですが凄く期待しています。

そして、フュージョングループ~ネイテブ・サンの名ピアニスト今は亡き本田竹広の息子で本田珠也もメンバーとして来ます。~昔、ネイテブサンが金沢に来て見にいきました。ピアノは素晴らしかったです。

五十嵐一生の親父さんが最近亡くなられたそうです。~絶句、お悔やみ申しあげます。
五十嵐さんの親父さんに一度、漆、金箔の事などで教えてもらいたかったのですが?・・・・
残念でなりません。・・・・・・・・・漆器の職人で名工だったらしいです。
ご冥福をお祈り致します。

親が亡くなってまだ日が浅いのですが、コンサートは決行するそうです。
是非がんばってください!

■出演:五十嵐一生(tp) 吉澤はじめ(p) 荒巻茂生(b) 本田珠也(ds)

山中座で16日の金曜日にコンサートです。皆様見に来て下さい!
[PR]
by windfusion | 2011-09-15 00:07 | 店主の日記 | Comments(0)