PYRAMID3のアルバムを聞いてインスパイアし、アートピックをデザインしました!

e0063208_1293774.jpg

PYRAMIDのメンバー左から鳥山雄司「G」、神保 彰「Dr] 和泉宏隆「K] 鳥越啓介[Bass]


クレジットには神保 彰が作曲になっています。良い曲を創りますね。
曲名はNight Stream~メローディーラインを聞くと、夜のしじまに~勝手に創造して蒔絵を描きました。
実は、一度出来上がりましたが納得行かずやり直しました。そして、この曲にインスピレーションを受け再挑戦、べっ甲ピックに海、雲、鳥を描き仕上げました。「PYRAMID5年ぶりの新作お祝いも兼ねてです」

ここ最近デザインが進まなく頭打ちでしたがPYRAMIDの音楽を聴いて息を吹き返しました。

☆蒔絵の技法「漆で描き金粉、銀粉を蒔き、貝などを貼り研ぎだして、磨き上げる技法」~伝統の殻を破って現代に通じる何か新しい息吹を感じて挑戦していきたいです。~

PYRAMIDのフイルターをくぐると、カバー曲でも素晴らしいアレンジ、高い演奏能力でこんなにもガラッと雰囲気が変わるのですね。~素晴らしい。

☆前にも載せた写真重複で飽きたかも知れませんが、ご了承下さい。
e0063208_233897.jpg

螺鈿技法でこれはメキシコ貝です。

e0063208_2341394.jpg

漆を練って漉したところです。
e0063208_2343485.jpg

鳥の輪郭を描いている途中です。
e0063208_23667.jpg

デザインカッターで貝を切っています。
e0063208_23154536.jpg

鳥に貝を貼ったところです。
蒔絵の簡単に説明しょうと思いましたが断片的でわかりずらかったかな?

中々、難儀なもので時間かかるし失敗の積み重ねで苦労します。仕上がるまでにあたり、如実に自分の性格が出てきます。「僕は、結構おおざっぱでいいかげんな面もあるのでとんでもない失敗がたまにあります」

蒔絵の工程が多くて細かいところはハショったかもしれません。細かい作業、ホコリを嫌う作業内容はまだまだ続きます。~まだまだ追求しなければなりません。

e0063208_056886.jpg

海の部分に貝を貼りました「青い色、赤い色に輝いている箇所を選んで、デザインカッターで正方形に0.5ミリに切り、漆で貼り研ぎ出し磨き上げます。」
繊細でシンキ臭い仕事ですが出来上がり喜ばれるとありがたいものですね!~オンリーワンです。
e0063208_057473.jpg

鳥には乾漆粉を蒔き、貝も貼りました。「メキシコ貝です」
なぜ海鳥を描いたか?「震災の復興にかけて海原を鳥が飛ぶとか、鳥山さんの名字から鳥を!~笑」

このピックを鳥山雄司さんに送りました。スタッフの方からメール頂き渡してくれたそうです。「スタッフの方、ありがとうございました。}~パワーをもらいがんばります。

音楽、デザインまだまだ進化の途中ですが、がんばりたいです。
[PR]
by windfusion | 2011-05-26 00:15 | 店主の日記 | Comments(0)