PYRAMID3~贅肉を削ぎ落とし、素晴らしいサウンド、極上なアンサンブルが聴けるバンドです。

ついにフュージョンBAND~PYRAMID3手に入れました。
e0063208_20435356.jpg


e0063208_20445951.jpg

e0063208_20452390.jpg

e0063208_14531325.jpg

十手観音のように自由自在に操る名ドラマー~神保 彰
e0063208_14582149.jpg

シンセ、エレクトリックピアノを駆使してドラマチックに仕上げるキーボード~和泉宏隆
この写真はPYRAMIDプロモーションビデオから撮りました。

PYRAMIDのメンバー鳥山雄司「GUITAR」 神保 彰「DRUMs」 和泉宏隆「KEYBOARD」
それぞれがカシオペア、スクエアのバンド等を引っ張ってきたミュージシャンでテクニックは申し分なく
プロデュース、アレンジャー、作曲なども手掛ける素晴らしい方々でもありますね。

ベースには鳥越啓介がウッドベースで参加PYRAMIDには、うってつけですね。
渋いベースランニングGOODです。

そして、葉加瀬太郎がヴァイオリンで参加している曲があってまるで映画音楽の主題歌のような曲が素晴らしいです。

コーラスに2曲鈴木雄大が参加「この方の声が曲にマッチして素晴らしい」

日本が生んだ奇跡のフュージョンユニット、5年ぶりに素晴らしいアルバムを創り上げましたね。
やはり前評判以上に良かったです。~スタジオライブが伝わってくるような演奏が素晴らしい。待ってて良かったです。

クロスオーバー・イレブンのテーマ曲~アジムスの曲をPYRAMID流にアレンジして楽しめました。
カバー曲でもアレンジひとつでガラッと雰囲気が変わりますね。

1曲目、軽快なリズムに乗って歌い上げるギター「鳥山雄司」~アドリブはラリーカールトンをちょっと彷彿[ラリーカールトンよりもかっこいいです」

~さすがぁ~鳥山流にかけ上がるフレーズ「昔、カールトンのフレーズはめくるめくギターと呼ばれていた」~ジャジーに乗りまくって弾く「ちょっとロベンフォードにも似ていたかな」!~でも鳥山雄司のギターはカールトン、ロベンフォードをプラスして2で割った感じがしました。こんなツワモノが日本にいたなんて素晴らしいです。

4曲目のLove Infinite (和泉宏隆)~映画音楽の主題歌にでもなるようなロマンチックなメローディーが良いです。~葉加瀬太郎のヴァイオリンがGOOD!

5曲目は、Fly Over The Horison (Joan Roberto Bertrami}
クロスオーバー・イレブンのテーマ曲~アジムスの曲をPYRAMID流にアレンジして楽しめました。
カバー曲でもアレンジひとつでガラッと雰囲気が変わりますね。


9曲目Night Stream (神保彰)Gベンソンを思わせるオクターブ奏法が素晴らしい。

11曲目.Ray Of Hope レイ オブ ホープ{鳥山雄司 和泉宏隆}
「希望の光」を意味するらしいです、東北関東大震災発生前に作られたらしくPYRAMIDから発信~一歩一歩前へとメッセージが伝わってきそう!メロデイラインを聞くと新たなる息吹が感じとれて頑張ろう、そんな感じが伝わってきました。


以前、ニールラーセン、バジーフェイトン~名うてのミュージシャンとセッションして
タイトルはシルバーシューズだったと思います、最高なアルバムを創りあのニールラーセンが語っていました、鳥山雄司のテクニック、センス、ハートは素晴らしいと絶賛されたとか!
e0063208_21571895.jpg

しかし、良い音だすしカッコイイフレーズは聞けるしカバー曲のアレンジは素晴らしいし、
近年稀に見る鳥山雄司の弾きまくっているスタジオ盤はなかったのでGOODです。

「ライヴでは凄いアドリブを見聞きした事があったので「FMセッション~など」久々に気分が高揚しました。

☆昨今、大変な大震災があって終息が就かなく被災に遭われた方々にどう言っていいかわかりませんが、
せめてこのような素晴らしい音楽でも聴いて少しでも気分身体が癒せればミュージシャン方も本望なのでしょうね。

皆様にお奨めします。
[PR]
by windfusion | 2011-04-16 21:42 | 店主の日記 | Comments(0)