海を音で表現するスーパーギタリスト~高中正義!

インストで初めて武道館を満員にしたギタリストと言えば高中正義ですね。


サディスティックミカバンドでイギリスツアー、
YMOでのスタジオアルバムで2曲参加、ミュートしたギターがリズミカルで良かったですね。

ソロになってフュージョンで一世を風靡、その当時に出た名曲ブルーラグーンは楽曲、
フレーズはもとより切れ味抜群で滑らかに動くフインガーテクニックは、群を抜いていました。

ラテン感覚、JAZZのエッセンスなどを取り入れてお洒落なサウンドに痺れました。

名曲、ブルーラグーンを例えるなら青い空に白い飛行機雲がまっしぐらに突き進む感じがして~なんて心地がいいのだろうと思いました。{こんなセンスの素晴らしいギターリストが日本にいたなんてビックリしました。}

e0063208_1573747.jpg

ラクダの首にアートピックを着けてみました。「高中さん、勝手に無理やりなコラボですいません」~べっ甲ピックです。

「ピックに蒔絵を施しました。ラクダは貝を貼りヤシの木はグリーンの漆を塗りこみ研ぎ出しました。」
この写真はTAKANAKA BOOKに載っていました。~

あらまぁ~ぶきっちょな画像処理ですが思いの丈は通じるかな?

☆高中正義さんに僕の描いたアートピックを渡したいです。「年内中に仕上げたいと思います。鶴首長くして待っていて下さい。」

この夏の猛暑で疲れが中々取れなく新作も進んでいませんがボチボチ秋に向けて頑張って行きたいです。

僕の、ブログのタイトルは、海、風、澄み切ったブルーの空が大好きです。
それに高中正義のアルバムを聞いて少なからず影響も受けた次第であります。
[PR]
by windfusion | 2010-09-16 02:08 | 店主の日記 | Comments(0)