春が待ちどうしい!


JEFFBECK~2010ロンドンアリーナでのライブ演奏。

ベジタリアンで鍛えている強靭な肉体「もう66歳かな?え?信じられない。」~マジソンスクエアガーデンのコンサートは?終わったのかな?しかし、凄すぎる!

ロック ソウル JAZZ FUSION ジャンルを超えたJEFF BECK
~今回のアルバムはカバー曲が満載。~真骨頂で素晴らしい。

僕の好きなJAZZ FUSIONミュージックからはちょっとかけ離れたかな?
でも、ベックらしい所がいいです。~いつまでも挑戦する姿勢が良いですね。

あの名作「ブロウ・バイ・ブロウ」~{ロックとJAZZの架け橋と云われれた。}から35年経ちました。
未だに聞くと生々しいレスポールの音、バックバンドも素晴らしいし身震いします。

☆昨年のエリッククラプトンスペシャル大人のロック編「雑誌」~ウドーミュージックの高橋辰雄氏によると
クラプトンは親方のような風格がでてきていますが、ベックは頑固で職人気質が抜けてない。まさしくも「ギター馬鹿」でスター性がないし、格好もタンクトップ、ブラック・ジーンズで、車いじりが大好きだそうです。
[PR]
by windfusion | 2010-02-28 14:33 | 店主の日記 | Comments(2)
Commented by テル at 2010-03-14 22:36 x
こんにちは。
ジェフの新作およびステージが楽しみです。
たまにはレスポールも弾いてほしいですよね。
Commented by windfusion at 2010-03-15 08:37
テル さん、お早う御座います!

僕は今回で3度目ですが、ユーチューブでは中々ご機嫌で楽曲もだいぶ代わったし、うーん、クラッシック?どうかな?~しかし、思った以上に良かったですね。

レス・ポールの甘く太い腰の入った音、聞いてみたいですね。

コンサートもう少しですね、ピックにデザインを描き渡したい。

ありがとうございます。