JEFF BECKの名盤「BLOW BY BLOW」からシーズ ア ウーマン


ビートルズの、シーズ ア ウーマンをアレンジ、これが又BECK節で
まるで自分の曲のように楽しんで弾くこれがいいですね。「これはトーキングモジュレーターだったとおもいます、ホースをくわえて歌いながら弾きます。」~貴重な映像です。しかし、BECKは若いですね。」

ギブソンレスポールの太くて腰のある音がたまらないですね。
フレーズもかっちょええわ~!

JEFF BECKのこの頃、JAZZ,ROCK、SOULの融合が素晴らしく
世界のギター小僧を熱狂させました。ロック&ジャズの垣根を取り払った革新的なアルバムだったとか!

あのジミーペイジも絶賛した「BLOW BY BLOW」~日本版タイトルは「ギター殺人者の凱旋」{プロドューサーはジョージマーティンです。}全米4位まで昇りつめた名作。JAZZ、ROCKのインストで演奏も抜群でここまで評価されたのは中々なかったですね。

それから「WIRED」~これも又かっこよく、BECKの切れ味鋭いナイフでえぐられる演奏にはぶったまげました。
[PR]
by windfusion | 2010-02-09 00:59 | 店主の日記 | Comments(0)